海外旅行に行きたいが一緒に行ける友人がいなかったり、一人で気兼ねなく旅をしてみたいがでもまるっきり一人で航空券やホテルの手配は大変、そして言葉に自信がなくこれまで行く機会がなかった方に朗報です。ツアーでも一人参加OKの海外旅行が最近たくさん出てきています。そのツアーなら参加者全員が一人参加なので気兼ねなく参加でき、また一人部屋追加料金がないのでお得です。ツアーによってはビジネスクラスでの参加ができたり、バスも2席を一人で使用できたりと好みに応じて選び分けることも可能です。ただホテルだけは相部屋は不可というところが多いです。

これはこれまで一人部屋追加料金が高額なために海外旅行を諦めていた方には、とても明るいニュースです。最近は高齢者で一人旅を楽しみたい人も増え、海外ひとり旅ツアーは販売するとすぐ完売するコースもたくさんできています。特にこれから春を迎えシーズンとなるヨーロッパは常に人気なので早めの予約が必要です。またひとり旅でも参加者は女性に限定されたツアーなどもあり、参加者がどういう人達なのか出発前に事前に顔合わせをしたりして、安心して一人旅に参加できる配慮をしている会社もあります。3月までは料金設定も低めに設定されていますが、4月以降はぐっと料金がアップする傾向にあります。時間に余裕のある方は是非3月末までに出発されるコースに参加されることをお薦めします。一度行くと癖になるといわれる海外旅行。今年は是非いろんな国を訪れて知識や見分を広めてみてはいかがでしょう。

海外旅行をした時の話

自身が高校生の頃、家族でフランス旅行に行きました。
初めての海外旅行で、ヨーロッパの国だったので、とてもワクワクした気持ちで旅の準備に取り掛かっていました。7泊8日の団体ツアーで、日本人通訳ガイドさんも同行してくださったので、言語の心配は無用でした。
約12時間半かけてパリ・シャルルドゴール国際空港に降り立つと、長い時間かけただけあって、ここがヨーロッパかと感動しきっていました。今回のツアーはパリとニースを巡る内容であったので、ほぼフランス全土を縦断できるといっても過言ではない魅力あるものでした。

8月のお盆の時期に行ったのにも関わらず、パリとニースともに汗をダラダラ掻くことなく、快適に過ごすことができたのは最高でした。日本と違い、気温自体は高くてもジメジメとしておらず、カラッとした暑さなので、昼間は太陽の光がとても気持ちよく、朝晩になると羽織るものが1枚必要になるくらい涼しく感じられました。

そして、エッフェル塔や凱旋門等、パリを代表する建造物をしっかりと写真に収め、思い出を作りました。また、料理が思ってた以上に日本人の口に合い、どれも残すことなくおいしく頂いた記憶があります。世界三大料理と言われるほど、食にはこだわりを持った国なので、その点は、間違っていませんでした。

さらに、現地の人の温かさに驚きました。フランス人と聞くと、一見ツンとしているように思われがちですが、レストランでの注文時やタクシーでチップを渡す際でも、笑顔で接してくれたのは、心温まりました。