大学の卒業旅行で、友人と韓国に行きました。
当時私たちはBIG BANGという韓流ポップアイドルが好きなので、そのグループのコンサートもかねての旅行でした。

初日はソウルに宿泊しました。
ソウル近辺の宿で安心して泊まれて、かつリーズナブルなホテルを選びました。
それでも1泊1万円ほどの宿でしたが、日本と違いグレードを安くすると一気にホテルのレベルも下がると噂で聞いていたため、この価格を妥協点にしていました。

ホテルも申し分なく、夜はソウルの街でグルメ巡りをしました。
まずはキョチョンチキンへ。韓国では有名なファストフードのお店です。
テイクアウトしながら、今度は韓国の若者の間で流行していたタピオカジュース専門店へ。
こちらもモチモチしていて、とても甘かったです。
韓国のフードは味付けが濃くて味がはっきりしている印象でした。

また、駅に行くと韓流グループのメンバーの1人が大きくポスターになっていました。
その月はそのメンバーの誕生日がある月らしく、韓国では有名アーティストの誕生日にはポスターが駅や町中に張り出されてお祝いされることを知りました。

2日目はプサン観光に行きました。
歴史的建造物をバスツアーで巡りましたが、中でも思い出に残っているのはお昼ご飯です。

建造物に備えられている食堂で食事をするのですが、なんとキムチが40種類ほど並んでいました。
途中から何を食べているのかわからないくらいの量でしたが、本格キムチをたくさん楽しめたのが良い思い出です。

韓国はグルメがとにかく美味しい国です。
日本で話題の最新グルメにも、常に韓国グルメが入っていますよね。

近くて行きやすい国なので、はじめての海外旅行にはぜひおすすめします。

海外旅行は若いうちにしておきたいもの

私は以前、2週間ほどヨーロッパを旅行したことがありました。
半年前から計画を立て、旅行の費用もかなりかかりました。

スケジュールが決まったツアーではなく、現地では自由に行動できるツアーを選びました。
初めてのヨーロッパ旅行で英語もほとんど話せなかったのですが、今振り返ってみても、あの時に思い切って行っていて本当に良かったと思っています。

ヨーロッパ旅行をしたのは20代の後半でした。
海外旅行は若い時に行くか、もしくは定年後に行くという選択もあります。

しかし、今年齢を重ねて、立派中年世代に入ってくると、経済的な心配よりも健康面での不安で、海外旅行に行くのを躊躇してしまいます。
おそらく英語もあの時よりは話せるようになりましたが、やはり年齢には勝てないものだと思いました。

高齢者になっても元気で海外旅行をするためには、日頃から健康な心身を作っていくことが必要です。
しかし、それでも若い時に比べると無理が利かずに、ちょっとしたことであちこちが痛くなってしまいます。

海外旅行だけは後回しにせずに、若い時に思い切って行ったほうが良いと思いました。
若い時は体のことを心配せずに、思い切った行動ができます。

恐怖心よりも好奇心の方が勝っているので、今振り返っても、良く行動したと思うようなことばかりです。
また、仮に高齢になってから海外旅行に再びいくことがあっても、以前に行った時の経験を生かすことができます。

高齢になって初めて海外旅行に行くには、かなりの勇気が必要かもしれません。
若い時にある程度の地盤を作っておくと、いくつになっても再び行動しやすいと思います。